ケアンズ新婚旅行コラム

【キュランダ観光】キュランダ村の見所紹介!新婚旅行記キュランダ編

更新日:

結婚式も無事終了し、この日は両家みんなで世界遺産の熱帯雨林、キュランダへ。
今回はホテルからスカイレール駅までのバス送迎、スカイレール、キュランダ鉄道がセットになった現地ツアー(ガイドなし)を申し込んでおきました。
この記事では使用したツアーの特徴と予約方法、キュランダの旅行記をかねた見所紹介を行っていきます!

キュランダへのアクセス方法は?

キュランダへ観光に行く場合、往路と復路でそれぞれケアンズ鉄道スカイレールいずれかを使用するのが一般的。
ケアンズ鉄道とスカイレールの詳細は後述しますが、どちらもキュランダの街中に到着するので利便性良好です。

ただし、スカイレールのケアンズ市街地側の駅は中心部から離れたところにあり公共交通手段がないので、
ホテル送迎つきツアー等予約しておくのがおすすめです。

スカイレールの市街地側の駅はSmithfield Terminal(スミスフィールドターミナル)です。

ケアンズ鉄道のケアンズ市街地側の駅は、市街地のホテルであればいずれのホテルでも徒歩圏内かと思います。

私はホテルからスカイレールの駅までの送迎、スカイレール、ケアンズ鉄道がセットになったこちらのツアー(といってもガイドさんはなしで完全自由行動ですが)を使用しました↓(下の画像はリンクになっています)

スムーズにホテルからスカイレレールの駅まで移動できる上、現地では自由に時間を使えるのでなかなか良かったです。
ケアンズ鉄道は本数が少なく一日に片道2本となっているので注意が必要です。時刻表は以下です(2019年11月現在)

出発時刻 到着時刻
ケアンズ駅→キュランダ駅 8:30 10:25
9:30 11:25
キュランダ駅→ケアンズ駅 14:00 15:30
15:55 17:25

キュランダ鉄道は朝早く出発し午後も早めにキュランダを出発する印象でしょうか。
実際、キュランダのマーケットやコアラガーデンなどのテーマパークは16:00くらいに閉まってしまうので、
これくらいの時間にケアンズへ戻るのがちょうどいいのかなと思います。

ちなみに、スカイレールは8:45-17:15まで営業しています。

キュランダでの服装は?

常夏のケアンズ、キュランダも年中暑いです。ジャングルのボードウォークは木陰も多いので比較的涼しいとはいえ、日向を歩いている時間も長いので涼しい格好が◎。

虫は私が想像していたほど多くはありませんでしたが、登山するときの心づもりで肌が露出するところには虫除けスプレーを噴霧しておいたほうがいいです。

余談ですが、缶スプレータイプの虫除けは飛行機に持ち込めませんので霧吹きタイプの虫除けを準備していくといいです!

結構歩くのでビーチサンダル等は避け、歩きやすいスニーカーがいいかと思います。

また、日差しが強いのでつばのついた帽子も必携。ちなみに文化の違いか現地で日傘をさしている人はいないです。日焼け止めをしっかり塗っておきましょう。

ホテルからスカイレールのターミナルへ送迎

上述の通り、こちらのツアーを申し込んでいたため、宿泊先のホテルロビーにて時間まで待機していると、定刻通りに送迎のマイクロバスが来ました。

ロビーまで運転手の男性(英語しか話せません)が迎えに来てくれ、予約名を確かめてマイクロバスまで案内してくれました。

その後もいくつかのホテルを周り、マイクロバスは満員に。
全員揃ったところで運転手さんが英語でキュランダの紹介をはじめ、
30分ほどでSmithfield Terminal(スミスフィールドターミナル)へ到着しました。

ここからは完全に自由行動。
チケット窓口の列に並び、バウチャーを提示してチケットをもらいます。
朝一番ではないためか、チケット窓口は空いており一緒にマイクロバスに乗ってきたお客さんくらいしか並んでいませんでした。
予約のある人と当日券購入の人で別れた窓口になっておりスムーズです。

スカイレールと復路のキュランダ鉄道の分が一体になったチケットを受け取りました。
キュランダ鉄道の座席指定の番号も記載されているので帰りまでなくさないように注意ですね!
写真はキュランダ鉄道下車後のものですが、Car2 Seat33と記載されているのがわかると思います。

スカイレールでキュランダへ!乗車体験

チケットを持ってゴンドラ乗り場に並び、いよいよ乗車!

ゴンドラは6人乗りですが大人6人で乗ると窮屈そうなので家族ごとに別れて乗車。

ちなみにskyrailはケアンズからキュランダまで、途中2つの駅があり、
熱帯雨林の中のボードウォークやバロン滝の絶景を楽しむことができます。

まずはレッドピーク駅を目指します!

どんどん上って景色が素敵になっていきます。
真下には熱帯雨林が広がり、グレートバリアリーフに囲まれたケアンズ市街地が見渡せます!

Red Peak Station(レッドピーク駅)でボードウォーク

Smithfield Terminalから10分ほどで途中駅、Red Peak Station(レッドピーク駅)に到着です。

レッドピークステーションでは熱帯雨林の短いボードウォークが楽しめます。
のんびり歩いてもだいたい10分くらいで一周できます

ボードウォーク中には樹齢400年以上の大木や、絞め殺しのイチジクも!
ジャングルの中で光を求めて高く成長するたくましい木々の生存競争を目の当たりにすることができました。

また、見晴らしのいい展望台もあり、一面に緑が繁る熱帯雨林を見渡すことができます。

早くも熱帯雨林らしい景色にワクワク感が高まっていきます!
ボードウォークを一周すると、再びゴンドラ乗り場へ。
今度はBarron Falls Station(バロンフォールズステーション)を目指して再度ゴンドラに乗車です。

Barron Falls Station (バロン滝駅)でバロン滝を鑑賞

Red Peak Station(レッドピーク駅)からBarron Falls Station(バロン滝駅)まではおおよそ15分くらいの乗車でした。
耳が遠くなりどんどん標高が高くなっていくのを感じます。

Barron Falls Station(バロン滝駅)では、その名の通りバロン滝を一望することができます
この駅も短いボードウォークになっており、ゆっくりバロン滝を眺めても10分ほどで1周できます。

バロン滝は雨季であれば水量が多く迫力満点なのだと思いますが、
私達が行った10月は乾季の真ん中なのでちょろちょろと流れている程度でした。
岩に刻まれた水の跡を見ると、雨季はかなり多いんだろうなあという感じです。

それでも巨大な岩壁を水が流れ落ちていく様子は見応えがありますよ!

Kuranda Terminal (キュランダターミナル)に到着

Barron Falls Station(バロン滝駅)からKuranda Terminal(キュランダターミナル)までは10分弱の乗車でした。
途中、熱帯雨林を流れるバロン川の上も横切りました!
まさに熱帯の川という感じで見ごたえ抜群です。

キュランダターミナルには清潔感のあるお手洗いも完備されていたので観光の前に立ち寄っておくとよさそうです。
また、お土産屋さんもあるので時間に余裕があれば覗いてみるのもよいと思います。


キュランダターミナルからは熱帯雨林の繁る歩道を道なりに進めばキュランダの村の方面に行くことができます。

スカイレールの駅からキュランダの村の入り口までは徒歩5分弱で到着です。

途中、先住民アボリジニの路上演奏?がありました!異国感があります。

skyrailの基本情報

HP: https://www.skyrail.com.au/ja/cairnstours
運行時間:8:45-17:15 (当日の予約受付は往復チケットの場合9:00から14:45まで、片道チケットの場合15:30まで)
乗車料金:片道$55.00, 往復$82.00, 片道skyrail片道キュランダ鉄道$105.00
予約:必須です。HPから予約するとうまくいかなかったのでVeltraからの予約がおすすめです。
私が予約したプランはこちら!現地で自由に過ごせるのでおすすめです。↓(画像はリンクになっています)

キュランダでランチ:Rainforest View Retaurant

キュランダにはいろいろなレストランがありますが、私達は(とくに下調べもせずに)昼食時Rainforest View Restaurantに入りました。

こちらのレストランは、その名の通り熱帯雨林を見渡しながら食事をとることができるレストランです。
入り口付近のテーブルは屋内ですがその奥に進むと店全体がテラス席のようになっており、
半分外のような感じになっています。

緑茂る景色を見ながらの食事はキュランダに来ているがあっておすすめです。
野生の鳥も歩いてきました!黒い体、黄色の胸に赤い頭が熱帯らしい鳥です。
帰国してから調べたのですがこの鳥は「ヤブツカツクリ」というそうです。
オーストラリア北東部の森林にしかいないのだとか!

メニューのラインナップは豊富で、定番のハンバーガーやピザ、フィッシュアンドチップスからパスタ、アジアンカレーまで。
味のクオリティはまあまあといったところ。
きちんとしたレストランというよりは、ファストフードを落ち着いて食べられるといったイメージのほうが合っているかもしれません。

私はBLTを頼んだのですがボリューム満点で一人では食べきれませんでした。
とくにポテトの量がすごかったです。おいしいんですけどね・・・!
ハンバーガーもお肉のボリュームがすごかったです。さすがオーストラリアです。

Information

HP: https://www.rainforestview.com.au/

アクセス:キュランダターミナルから徒歩10分弱

キュランダ観光①現地の民芸品をウィンドウショッピング

キュランダの村は、スカイレールやキュランダ鉄道の駅からヘリテージ・マーケットにかけて、工芸品店が並んでいます。
現地の手作り品等珍しい物がたくさん並んでおり見ているだけで楽しいウィンドウショッピングです!

世界に1つの手作り品は自分へのお土産にもぴったりですね!

アボリジナルアートが施された雑貨やアクセサリー等見ていてとても楽しかったです。

下の写真はヘリテージ・マーケットの入り口です。
後述するコアラガーデンズやバードワールドの入り口もこの中です。

キュランダ観光②キュランダ・コアラガーデンズ

キュランダにはコアラを抱っこして写真撮影ができる動物園、キュランダ・コアラガーデンズがあります。
抱っこ担当のコアラ以外は皆さんお昼寝していますが、お昼寝している姿もとってもかわいかったです!

入り口はヘリテージ・マーケット内にあります。
コアラガーデンズの看板が目印です。

カウンターでチケットを購入し、カウンター奥の入り口から入ります。
バードワールドやバタフライサンクチュアリにも入れるセットチケットは少しお得になっています。
コアラガーデンズだけだとちょっと物足りないかもしれないので個人的にはセットチケットがおすすめです。

コアラガーデンズはチケットの代わりに手にスタンプを押されます。

また、コアラ抱っこにはもれなくコアラキーホルダーのお土産つきです。

コアラガーデンズには、コアラ以外の動物も生息しています。
入園してまず目にするのはクロコダイルです!
熱帯雨林らしさを感じます。

それからワラビーとカンガルーが放し飼いされているエリアも!
無料で餌付けができるのですが、お腹いっぱいなのか人の手からもらわなくても餌をもらえることを知っているのか
手からは食べてくれませんでした・・・

上の写真はカンガルーです。
カンガルーってもっとマッチョなイメージありませんか?
オーストラリアのカンガルーは日本の動物園にいる種類とは異なりもっとかわいらしいんです!
手に餌を載せて口元に近づけても見て見ぬふり・・・という感じて可愛げはないんですけどね笑

こちらがワラビーです。バテてますね。
この子も餌には興味なしです・・・

そして念願のコアラ抱っこ!
フワフワでとっても可愛かったです。
コアラは臭いという噂を聞いていましたが私が抱いたコアラはそんなことなかったです。

コアラはカメラで撮影したものをその場でB5サイズで印刷してくれます。
コアラ抱っこと写真撮影はバラバラでの購入は不可となっておりセット価格でのみ提供されているため、
こちらの写真はもれなくついてきます。もちろん個人での撮影もOKです。

このほか、遮光された建物内には夜行性動物が飼育されていたり、
出口付近ではニシキヘビがいたりと小さいながらいろいろな動物を観察できる動物園でした。
コアラを抱っこする時間を入れても30分あれば余裕で1周できる規模ではあります。

Information

HP: https://www.koalagardens.com/
営業時間:9:00-16:00
入園料(大人一人):
Koala gardensのみ→$19.00
Koala gardens+birdworld kuranda→$33.00 ($5.00お得)
Koala gardens+birdworld kuranda+butterfly sanctuary→$51.00($7.00お得)
コアラ抱っこ(写真つき)→上記入園料+$24.00
アクセス:キュランダターミナルから徒歩約11分

キュランダ観光③バードワールド・キュランダ

たくさんのカラフルな鳥が放し飼いされているバードワールド・キュランダ。
鳥好きには是非ともおすすめしたい場所です!!
逆に鳥が苦手な方にはおすすめできません。

今回私たちはコアラガーデンズとバードワールドの二つに入れるセットチケットを購入しました。
コアラガーデンズの出口を出るとすぐ目の前がバードワールドの入口なので迷いません♪

バードワールドは入口で鳥の餌が販売されています。
たしか一袋$5.00ほどでした。一日の数量限定です。

この餌袋を購入して入ると、鳥たちの人気者になれるのでとってもおすすめです!
私も餌袋を手にもって入園すると早速緑のインコがバサバサと飛んできて肩に乗ってきました。
とってもかわいいです!

餌袋には乾燥した穀物類とフレッシュな葡萄、とうもろこし等が入っており、
葡萄やとうもろこしが人気でした。
とうもろこしは嘴で一粒一粒芯からきれいにもぎ取って食べるので器用さに感心しました。

見渡す限りカラフルな鳥がたくさん飛んでいるので、
せっかく入ったのに餌も購入したのに触れ合えなかった・・ということはまずないと思います。

園内は小規模で、ただ歩くだけなら5分で1周できるスペースではありますが、
森や滝、池が再現されており、生息している鳥類はなんと約60種類なのだとか!
時間を忘れて鳥たちと触れ合うことができるひとときでした。

Information

HP: https://www.birdworldkuranda.com/
営業時間:9:00-16:00
入園料(大人一人):
Koala gardensのみ→$19.00
Koala gardens+birdworld kuranda→$33.00 ($5.00お得)
Koala gardens+birdworld kuranda+butterfly sanctuary→$51.00($7.00お得)
アクセス:キュランダターミナルから徒歩約11分

キュランダ観光④キュランダジェラート

ヘリテージマーケットの入り口にあるこちらのアイスクリームワゴン。
アジア人観光客が多いのか中国語、日本語が併記されています。

常夏のケアンズで食べる冷たいアイスクリームは最高ですよ!
こちらのアイスクリーム屋では素材そのものの味をそのまま味わえるジェラートがいただけます。

試食も無料です。食べてみたい味を言えばお店の方がスプーンで一口分すくって渡してくれます。

私はパッションフルーツのジェラートを選びました!
黒い粒はパッションフルーツの種です。
果物をそのまま食べているようなフレッシュさと濃厚さで、とっても美味しかったです!
そのほかにはマンゴー、ココナツ、ラズベリー、ラムレーズン、チョコレートなどなどいろいろな味が選べますよ。

ヘリテージマーケットを出てすぐなので立ち寄りやすいのも魅力です。

アクセス↓

Kuranda Scenic Railway(キュランダ高原列車)でケアンズ市街地へ

キュランダ鉄道はテレビ番組「世界の車窓から」で起用されたことで有名。
カーブを曲がる時に自身の車体が窓から見えるのが名物で、シャッターチャンスとなっています!

上述の通り、キュランダ鉄道は1日の本数が片道2本ととても少ない上、人気の乗り物なので予約必須です。
私たちはVeltraでこちらのskyrailとのセットプランを予約しておいたのでスムーズに乗車できました♪

森のなかを走り抜けるキュランダ鉄道には途中2つの停車駅があります。
そのうちバロン滝駅では一時下車してバロン滝を見ることができます!

それではキュランダ駅からケアンズ駅で向かうキュランダ鉄道乗車体験を順を追ってレポートしていきます♪

キュランダ鉄道に乗車する際は、出発の30分前に駅にいる必要があります。
とはいえ実際は15分前とかでも大丈夫そうでしたが笑

このブリッジを渡るとキュランダ駅です。
列車はすでに停車しているので記念撮影ができます。
ただし先頭車両はプラットフォームからはみ出しているので撮影できませんでした。

駅にはお手洗いもついています。
売店もあり、お土産を買うならここがラストチャンス。
暑くて汗をたくさんかいたので私たちは冷たいお水を購入しました。

列車の発車時間まで余裕があったので探検がてら隣のプラットフォームに行ってみると、
ヤブツカツクリ(体が黒く、頭が赤い鳥)が歩いていました!
さすがキュランダです。ワイルドですね。

さて、いよいよ列車出発です!
車内はほぼ満席でした。やはり予約は必須ですね。
出発するとほどなくしてバロン滝駅に停車です。
いったん下車してバロン滝を眺望することができます!

人が多く、また後方車両だったので、よく見えるところを探すのに少々苦労しました。
停車時間も10分と短いのでゆっくり見れるのはスカイレールのバロン滝駅のほうかもしれません。

再び列車に戻り、30分ほどするとフォトスポットに到達します。
フォトスポットでは列車の速度が落ちゆっくりと進んでくれますが、後ろの車両だとあまりよく見えないままもとのスピードに戻ってしまいました。。

もしかするとケアンズからキュランダに行く方面のほうがきれいに見えるのかもしれません(わかりませんが)。
その後もさらに30分後くらいにシャッターチャンスが巡ってきます。

ケアンズ観光と電車の心地よい揺れでみなさん夢の中でしたが・・・笑
次のシャッターチャンスは先頭車両も写真に納まり良かったです。

この後は間もなくフレッシュウォーター駅に到着し、一時停車ののちケアンズ駅に到着。
そんなこんなで2時間弱の列車旅でした。
普通車の席は結構狭く8人掛けで一つのかたまりになっており、テーブルのないファミレス席のようなイメージです。
ちょっと狭く、快適さはあまりありませんでしたが窓はすべて空いているので空気はフレッシュでした。

最後にケアンズ駅では先頭車両のほうまで歩くことができました。

充実のキュランダ旅でした。
日中の暑さと前日の挙式疲れもありバテバテな感じでしたがなんとかケアンズまで帰ってきました。

キュランダ鉄道の情報

HP: https://www.ksr.com.au/Pages/Default.aspx
時刻表↓

出発時刻 到着時刻
ケアンズ駅→キュランダ駅 8:30 10:25
9:30 11:25
キュランダ駅→ケアンズ駅 14:00 15:30
15:55 17:25

乗車料金:片道$50.00, 往復$76.00
予約:必須です。スカイレールとセットになったこちらのプランがお勧めです!↓(画像はリンクになっています)

まとめ

世界遺産キュランダは熱帯雨林にアボリジナルアート、動物とのふれあいを一度に楽しめるケアンズ観光にお勧めのスポットです。
とくにスカイレールでの熱帯雨林上空の空散歩は壮大で素晴らしかったです!
両家の親睦も深まり、よい思い出になりました。

翌日はケアンズ市内をぶらりと散歩しました。こちらの記事です↓

【ケアンズ観光】市街地を半日街歩き♪ケアンズ市内の見所紹介>>

【ケアンズ観光】市街地を半日町歩き♪ケアンズ市内の見所紹介

-ケアンズ新婚旅行コラム

Copyright© オーストラリアケアンズ結婚式体験ブログ , 2021 AllRights Reserved.